洋服レンタルサービスのEDIST CLOSETで毎日が新鮮!

毎日お仕事に行くときの洋服選びの悩み。
同じ服をしょっちゅう着て行くわけにはいかないので、数日ごとに着回しや、
上下を変えたりするコーデでごまかしている方、結構いらっしゃるのではないでしょうか?

 

でもEDIST.CLOSETなら
季節に合わせた様々なコーデの中から、お好きな洋服を選んで注文すれば、毎日違う洋服を来てお出かけできます。
先週これ着たし、明日は何を着ていこうなんて、そんな悩みも解消!
毎日が楽しく!
毎日が洋服が変われば、気分も明るくなりますね!

 

EDIST CLOSETレンタルプランの価格はこちら(返却クリーニング不用)
◎レギュラープラン(3か月) 9.460円/月
◎ゴールドプラン(6か月)8.690円/月
◎プラチナプラン(12ヶ月)8.360/月


2023 EDIST CLOSET

EDIST CLOSET 2023 early spring items

オフネックラウンドヘムプルオーバー
首回りをすっきりと綺麗に見せるオフネックに、ボディラインをカバーしながら美人見えさせてくれるスリーブ?ラウンドヘムシルエットに注目。ベーシックなボトムに合わせるだけで迷わずコーデが決まります。落ち着いたマスタードは会社でも浮かずに華やぎを足してくれる綺麗色。大人に余裕を感じさせる体がほどよく泳ぐサイズ感なので、ワンピースのうえにざっくりと重ねるレイヤードスタイルもおすすめです。
ベージュストライプバンドカラーブラウス
オーバーサイズめの体が少し泳ぐリラックスシルエットのシャツライクなブラウス。サイドにはスリットがはいっていて、ウエストオフをした時にも間延びしません。幅広なカフスで袖口を印象的に、きちんと感も演出します。胸元のボタンは2つで、留める数で雰囲気を変えた着こなしが楽しめます。ピッチが細めのストライプかつ落ち着いたベージュカラーが爽やかすぎず、秋冬の装いにも馴染みます。
幾何学柄ボウタイブラウス
凛とした表情が叶うネイビーをベースにクラシカルさが新鮮な幾何学パターンが存在感のあるボウタイブラウス。ボウタイ部分はリボンにするとレディライクに、そのまま垂らすとマニッシュな印象にも。スカートにもパンツにもあわせやすいサイズ感で、秋冬コーデに華を添えます。きちんと感はあるのに体を締め付けずほどよくゆったりとした着心地も魅力です。

EDIST CLOSET by 2023/2

EDIST.CLOSETの最新コーデセットはこちらからご覧ください

EDIST. CLOSET

 

 

2022 EDIST CLOSET

EDIST CLOSET 2022 winter items

 

  • EDIST CLOSET
  • EDIST CLOSET
  • 個性豊かな充実ボトムスセット
  • 鉄板のキレイめ無地コーデは、小物で盛り感と今っぽさをフォローするのがマスト。ストールもバッグも靴も、それぞれが主張のあるデザインだけど、すべてブラウンで統一しているのでちゃんとまとまります。お洋服がフェミニンなので、靴はローファーでちょっとマニッシュにハズしてコーデにメリハリを。ベーシックなコーデなので、鮮度の高い配色だったり、前裾INや袖まくりのワンテクも効果的です。

 

  • EDIST CLOSET
  • EDIST CLOSET
  • 定番を今っぽくアプローチ! 格上げカジュアルセット
  • フーディやVネックプルオーバーという定番アイテムに今っぽいアレンジを加えた、着まわし力の高いトップス2種類に秋冬の定番素材、コーデュロイとスエード調素材の防寒力も高い2つのスカートをイン。トレンド性のあるワンランク上のカジュアルが完成します。

 

  • EDIST CLOSET
  • EDIST CLOSET
  • セットアップで着まわしコーデセット
  • 通勤にはセットアップで着用するだけでコーディネートが完成するグレンチェック柄のニットジャケット&ニットスカートがお役立ち。インナーにはあたたかみのあるキャメルを挿すことで、シーズンムードも加速します。バッグはかっちりとしたシルエットを選びつつも、堅苦しい印象にならないようホワイト×ベージュの配色で抜け感を。足元も同系色のやわらかなトーンでまとめて

EDIST CLOSET by 2022/12

EDIST.CLOSETの最新コーデセットはこちらからご覧ください

EDIST. CLOSET

 

EDIST CLOSET 2022 autumn items

 

  • EDIST CLOSET
  • EDIST CLOSET
  • スタイルアップボトムセット
  • 「フィット&フレアの正統派フェミニンスタイルは、ネイビーの幾何学柄×スモーキーブラウンというコントラストの効いた配色を作ることでよりメリハリの効いた着こなしに。絶対的な上品さと女性らしさを約束するシルエットは、通勤はもちろん、女子会やデート、ディナーなどどんなシーンでも好印象にアピールできます。小物はクールな寒色系でまとめて、甘さをセーブして」(スタイリスト・福田美和さん)

 

  • EDIST CLOSET
  • EDIST CLOSET
  • シーズンムード高まる秋冬ニュアンスカラーセット
  • 「2wayのコートワンピをシンプルにワンピとして着るなら、太筒のロングブーツに裾をレイヤードして今っぽく。重くならないように袖まくりで手元には抜け感を出しつつ、ワンピのカーキと相性のいいアニマル柄のストールで地味感も払拭。ベルトの存在感をジャマしないように、ストールはコンパクトに巻いたのがポイントです。デザインの効いたミニバッグで色も差して華やかさとお遊び感もフォロー」(スタイリスト・坂野陽子さん)

 

  • EDIST CLOSET
  • EDIST CLOSET
  • シーズンムード高まる秋冬ニュアンスカラーセット
  • 「シックなカラーコーデに、きれいなくすみグリーンブラウスがほどよい華感。さらに柄ストールを手持ちにしてさし色もプラス。バッグもかっちりめで全体的にキレイめなので、ブラウスの前裾をINしたり、足元はあえてスニーカーでカジュアルダウンするとこなれた雰囲気に仕上がります。足元をパンプスに変えれば、お仕事シーンでも相応しいビジネスカジュアルスタイルに」(スタイリスト・坂野陽子さん)

EDIST CLOSET by 2022/10

EDIST.CLOSETの最新コーデセットはこちらからご覧ください

EDIST. CLOSET

 

EDIST CLOSET 2022 summerautumn items

 

  • EDIST CLOSET
  • EDIST CLOSET
  • 揺れる袖や裾を楽しむサマーフェミニンセット
  • 「暖色×寒色のメリハリが効いた配色にすると、涼しげだけどほんのり優しげで王道のレディコーデがフレッシュにあか抜けます。バッグと靴はドットスカートからのリンクで白とブルーにしておけば、うるさくなりません。とくに白バッグがコーデを夏らしくトーンアップしてくれて効果的。リズミカルなランダムドットを取り入れることで、マンネリしがちな通勤スタイルも楽しく」

 

  • EDIST CLOSET
  • EDIST CLOSET
  • スタイルアップも叶うゆるカジュアルセット
  • 「オフタイムはノンストレスなワーク風のストレートパンツをご指名。落ち感のきれいなギャザートップスにはロングネックレスで顔まわりの印象をグッと華やかに。サンダルとジュートバッグで気負わないぬけ感を漂わせます。オフィシャル感のあるバッグとパンプスにチェンジすればお仕事カジュアルに変身します」

 

  • EDIST CLOSET
  • EDIST CLOSET
  • 綺麗見えを叶える大人シンプルカジュアルセット
  • 「春夏定番のストライプ×ネイビーの安心感のある組み合わせは、トレンド継続のマキシ丈スカートで今っぽくアプローチ。きちんと感のあるバッグでお仕事シーンに相応しいクリーンな印象をはしっかりキープ。足元をスニーカーにすれば、シンプルなのに着映える休日コーデにシフトチェンジ」

EDIST CLOSET by 2022/08

EDIST.CLOSETの最新コーデセットはこちらからご覧ください

EDIST. CLOSET

 

 

EDIST CLOSET 2022 springsummer items

 

  • EDIST CLOSET
  • EDIST CLOSET
  • カーキ袖タックブラウス
  • 袖にタックがあしらわれたさらりとラフに着こなしたい”ひとひねり”トップス。サイドから見た時にも洗練されたシルエットにしてくれるだけではなく、肌の露出をおさえることで二の腕カバーも。スカートにもパンツにも合わせやすいサイズ感で仕上げ。

 

  • EDIST CLOSET
  • EDIST CLOSET
  • 斜め柄半袖リブニット
  • 綺麗色ニットで気になりがちな膨張見えをカバーして、視覚から細見え効果が狙える斜め柄に注目。長めの丈でウエストまわりをすっきりと包みます。デザイン性と機能性を両立させた大人の女性のためのサマーニットです。

 

  • EDIST CLOSET
  • EDIST CLOSET
  • ピンタックスキッパーブラウス
  • プルオーバータイプでTシャツのように気軽に着られるブラウスは、フロントに細かいピンタックがあしらわれていてエレガント。定番の黒シャツだからこそ、マオカラーや袖のロールアップなど、さりげないディテールへのこだわりが“素敵見え”につながります。

EDIST CLOSET by 2022/06

 

EDIST CLOSET 2022 spring items

 

  • EDIST CLOSET
  • EDIST CLOSET
  • 袖タックショートブルゾン
  • デイリーに使えるカジュアルなブルゾンを、大人の女性らしく着こなせるディテールで仕立てました。ほんのりツヤ感があって高見えな生地は、合わせやすいのにほどよく女らしくて気持ちが華やぐ落ち着いたピンク。袖にはタックを、背中にはギャザーをたっぷり施した立体デザインなので、シンプルに着こなしても360度オシャレに決まります。

 

  • EDIST CLOSET
  • EDIST CLOSET
  • ノーカラーギャザーデザインブルゾン
  • ボリュームのあるワイドパンツやフレアースカートとも好バランスな丈感を計算しました。さらに、ウエストまわりをゆったりかつすっきりと見せるギャザー使いにも注目。春先から初夏、そして晩夏から秋口と季節をまたぐシーズンにスイッチアイテムとして活躍してくれる軽やかなアウターです。

 

  • EDIST CLOSET
  • EDIST CLOSET
  • マチ付きスキッパーブラウス
  • 定番シャツを、今っぽいスキッパーデザインにアップデートしました。ボタンを開けて着ても同素材の生地が裏打ちされているのでインナーいらずです。とろみのある上質素材なので、INしたときに自然に生まれる表情が美しく、さらにヒップが隠れる安心丈で立体的なデザインなので、OUTで着たときの美シルエットもご自慢。

EDIST CLOSET by 2022/04

 

2021-2022 EDIST CLOSET winter items

 

  • EDIST CLOSET
  • EDIST CLOSET
  • オフィスで高見えするレディライクセット
  • 「斜めのペプラムがポイントのブラウスは、やっぱりOUTで着るのがオススメです。ドローストリングの柄パンツを合わせれば、ウエストの仕様は隠せちゃうのでラクチンなのにきちんと感は健在。茶系のワントーンコーデに柄でメリハリを出した、簡単だけど存在感のある組み合わせです。上下ともゆるっとしたシルエットなので、小物はかっちりした小物でエッジを効かせると、輪郭がぼやけず締まります」

 

  • EDIST CLOSET
  • EDIST CLOSET
  • オフィスで高見えするレディライクセット
  • 「総柄ワンピを休日に着るなら、ブーツを合わせてカジュアルに。それも、ロングブーツにワンピの裾をかぶせるのが今年風です。ネイビーのワンピに黒ブーツという絶妙な配色も、ベーシックなのにオシャレ見え。目線を上げるスタイルアップも兼ねてざっくりと無造作に肩掛けしたカーデとお遊び感のあるバッグは、、あえて色を変えてコントラストをつけることで、ダークトーンコーデにリズムが生まれます」

 

  • EDIST CLOSET
  • EDIST CLOSET
  • 大人の上品さをキープした格上カジュアルセット
  • オンタイムだけではなく、休日コーデが激変する”ひと技”が効いたデザイン性の高いアイテムがラインナップ。ベーシックにみえてシルエットにこだわっていたり、生地感にひねりをもたせたりと、カジュアルさの中にも大人の上品さをキープしたコーデが実現します。

 

EDIST CLOSET by 2022/02

ブランドバックのレンタルも開始

ブランドバックを持っていても、いつも同じバックばかりでタンスに埋まっているものってありませんか。
それって、もったいないですよね。
それに、バックを使っているとすぐに、持つところが白くなったり、カバンのそこに傷がついたりしちゃいます。
そこで、EDIST CLOSETを使えば、ブランドバック借り放題で、いつでも交換可能です。
ルイヴィトンやフェンディ、エルメスなど、どんどん交換可能です。

 

バックや洋服を変えるだけで気分もリフレッシュできて、楽しくなってきます。

 

 

もうコーデに悩まない!

毎日違う洋服でお出掛け

洋服のレンタルならEDIST CLOSET

EDIST. KIDS